予約・お問い合わせ

よくあるご質問

Q

クレジットカードは使えますか?

A

はい、ご利用いただけます。

Q

ピラティス初心者で年配、不器用ですが、大丈夫ですか?

A

はい、ご安心ください。当スタジオをご利用される方の8割はピラティス未経験者であり、継続してご利用しておられる方は全員なにかしらの良い変化を体感されておられます。また、当スタジオインストラクターは全員、国家資格を有する理学療法士です。過去に病院での治療経験や高齢者(65~100歳まで)の方に対して指導を行ってきたスタッフが在籍しています。指導経験も豊富で、特に未経験者の方への指導は安全で丁寧という点で高い評価を得ています。お気軽にご利用ください。

Q

妊娠中も行えますか?産後もすぐ通えますか?

A

大変申し訳ありませんが、妊娠中、産後2ヶ月まではスタジオのご利用をお断りさせていただいております。インストラクターは病院の産前産後外来などの経験を得たスタッフですが、産前産後のリスク管理について熟知しているため、この方針とさせていただいております。妊娠中~産後2ヶ月は、運動による母体(もしくは出産直後の身体)、胎児には重篤な障害や死亡などのリスクが伴っています。専門知識や効果的な運動指導技術はあるのでこちらもレッスンをしたい気持ちは山々ですが、まずは緊急事態が発生した時にかかりつけの産科・産婦人科との連携、病院との連携が取れている状況でなければあなたの安全を守れる保証がありません。よって、上記のような回答となります。産後2ヶ月以上経過し、かかりつけ医から運動の許可がいただけたらいつでもお越しください。

Q

ぎっくり腰になってしまって、腰を痛めてしまいました。
治してもらえますか?

A

急性腰痛に関わらず、身体を痛めてしまった場合は無理にスタジオをご利用せずまずは病院を受診してください。特に、明らかな外傷のきっかけがある場合、急性に痛みが発生した場合、痛みが日に日に強くなる場合、熱感がある場合、腫れている場合、痛みが持続している場合は病院を受診してください。また、慢性的な疼痛を有する場合も、まずは病院で医師に診てもらってください。いくら優秀な医師でも、身体の中は診ないと問題が確認できないものが沢山ありますので、CTやMRIなどを用いてきちんと確認作業を行います。当スタジオインストラクターでそれ以上のことができることはなく、診断もできないのでまずは病院に行っていただければ幸いです。なお、病院を受診していただき、骨や靭帯、筋肉などの明らかな損傷がないことが確認できていれば、スタジオにご来店の際には病院に受診せずに来る場合よりも良い身体の調整ができます。

Q

電話予約を行いたいです。

A

ご不便をおかけし申し訳ありません。DEPでは、お客様のレッスン中の大事なお時間に電話がかかってきてレッスンの質を低下させてしまうことがないように電話対応を廃止しました。代わりに、24時間いつでもどこでもご予約が可能なウェブシステムを導入し、スタジオ営業時間外も24時間LINEの個別対応でお問い合わせのご返答を行なっております。緊急性の高い場合はこちらからお電話をおかけすることもありますが、基本的に現段階のご予約はウェブかLINEでお願い致します。

Q

日付変更やキャンセルは可能ですか?

A

はい。各ご予約フォームに設定された期限内であれば可能です。期限を過ぎてしまうとキャンセル・変更はできなくなり、ご返金もできません。ご了承お願いします。

Q

通常ピラティスパーソナルレッスンと月定額ピラティスパーソナルレッスンは何が違いますか?

A

通常のパーソナルレッスンはいつでも1回のレッスン予約ができますが、月定額サービスはご利用前に月謝契約が必要であり契約後に規定回数のご予約ができるという形式です。月定額サービスのご契約についてはLINEでご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q

レッスン時間は50分と表記されていますが、短くしたり長くしたりすることは可能ですか?

A

ご予約時に事前におっしゃっていただければ50分間以上のレッスンは可能ですが、時間に応じて追加料金はかかります。ただ、レッスンの質の低下を避けるため、基本的に初めから時間を短く設定してレッスンを提供することはありません(※ご来店時の体調やその日のご予定に応じて短くすることはできますのでご安心ください)。

Q

個別指導ではなくクラブチームに来てもらって集団指導をして欲しいのでが、可能ですか?

A

はい、可能です。出張レッスンについてはウェブ予約窓口を用意していないので、LINEでお問い合わせください。

Q

元々膝の軟骨がすり減っており、膝の痛みがあります。治りますか?

A

身体の一部が構造的に破綻している場合は、当店でなくとも完治させることは不可能です。家の柱が折れていたら柱の折れている箇所自体を直さないと家の傾きがならないのと同じように、過度に膝自体の軟骨欠損や骨変形などがある場合は手術をして根本的に構造物を修復しなければ完治できません。ただ、構造が悪い=痛みが強いというわけでもなく、元々の構造上の問題は軽度であっても、筋肉のバランス不良や日常的な使い方が悪くなってしまっていることによって痛みが増幅してしまっているケースがほとんどです。DEPはそのような方々が沢山利用されている特殊なスタジオですが、お客様の声で掲載させていただいている通り、皆様全員共通でご来店前と比較すると痛みの症状は緩和していたり、生活上全く気にならないレベルに消失したりしておられる方も多数おられます。“痛みの緩和”がご要望であればお力になれることはあるかもしれませんので、一度ご来店いただければ幸いです。 ※なお、以上は膝の問題に関わらず、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、頚椎症、腱板損傷、変形性股関節症等で腰や首、肩や股関節等の問題を抱える場合、その他、過去の骨折や手術歴などを有する場合、“身体の構造上問題がある場合の全て”において同様のことが言えます。構造上の問題は身体の外から把握するには限界がありますので、生活に支障が出る程お困りになられているのであれば、まずは病院を受診されることをおすすめします。

Q

昔から側弯がありますが、治りますか?

A

側弯は大まかに構造的なものと機能的なものの2つのタイプに分類できます。構造的な側弯は、骨自体が変形しているタイプで手術等をしなければ治りません。一方、機能的な側弯とは、筋肉の左右バランスの不良等の影響で背骨が歪んでしまっているものです。機能的な側弯はほとんどの方が有しており、側弯があったとしても不調や見た目の問題で困っておられなければ問題はありません。スタジオにご来店いただいている方も初回の身体チェックの際には機能的な側弯を有しているのが確認できることが多いですが、簡単に治せております。

Q

今まで色んなお店でマッサージやストレッチ、整体をしてきましたが、不調が改善されません。治りますか?

A

一般的なマッサージや静的ストレッチ、整体では、ご自身の筋肉を使って身体の動きをコントロールする適切な練習が提供できないことがほとんどです。人は自分の脳で筋肉をコントロールして日常生活を送っているため、これらの筋肉の動かし方を根本的に変えなければ不調が起こる動作パターンは変えることができないため、お悩みを根本解決できることはありません。一度良くなったとしても、再び悪くなったり、年々症状が強く頑固なものになっていくので、根本的に悪い癖を治す運動や生活習慣を適切に管理する知識を身につけて管理することが大事です。DEPでは、根本的に動きや姿勢を整えるだけではなく、このような問題を引き起こす生活習慣の原因までを考えたご指導を行なっていますので、一度お越しいただければ幸いです。継続的にご利用されておられるお客様は着実に不調を改善されておられます。

Q

ダイエットしたいです。短期で痩せることはできますか?

A

ピラティスは通常の筋トレとは異なり、日常的に使うインナーマッスルを使った動きを鍛える運動です。よって、食事制限をしなくても、筋肉が日常的に使われるようになり、基礎代謝が上がることで“長期的”に無駄な脂肪が落ちて痩せていくことは多いです。1年程度続けられたお客様は、週1〜2回程度のピラティスのみを継続されて半年が経過したあたりから劇的に体重が減少していき、12kg以上の減量に成功されました。特にリバウンドなく経過されておられました。また、その他の多くのお客様も時間をかけて体重が減ってくるとおっしゃられており、同じようにリバウンドは見られず体重のベースラインが少しずつ落ちていくことを確認しております。しかし、“短期で痩せる”ことはほぼありません。短期で痩せたい場合は、食生活の改善や生活ストレス軽減などの環境調整、有酸素運動の併用など、ピラティス以外の運動やその他の要素も整える必要があり、それを徹底的に管理できるスペシャリストがあなたの生活を隅々までマネジメントしなくてはならないため、現在のDEPだけの技術では難しいです。また、そのようなサービスが提供できても、お客様の強い意志と、その期間に集中して時間とお金を投資できる力がなければ難しいです。なお、短期で心身に負担をかけて痩せるようなサービスについては問題もあります。問題とは、“リバウンドしてしまうリスク”や“痩せるまでに行なっていたその生活を一生は続けなければならないという問題”です。DEPでは、お客様の10年後、20年後の未来を考え、ずっと続けられる良質なものだけに絞ってサービスを提供させていただいているため、今後そのようなサービスを提供することは考えておりません。